いつまでも自分の歯で噛むために

虫歯や歯周病を治療したはずなのに、しばらくしたら再発してしまったという経験はありませんか? 虫歯や歯周病は、非常に再発しやすい病気として知られています。一度発症してしまった箇所は、気を付けてケアをしなければなりません。ケアを怠ると細菌が再び入り込み、病気を再発させてしまうからです。

虫歯菌に冒されてしまった部分は、削ってしっかり除去しなければなりません。つまり、治療しなければ治らないものの、治療することによって歯はダメージを受けてしまうのです。歯は皮膚などと違って再生しないので、噛めるようにするために適切な詰め物・被せ物をして穴を封鎖する必要があります。この虫歯の部分のしっかりとした除去と、適切な封鎖をしないと再治療の繰り返しにより、坂道を転げ落ちるように抜歯へと至ってしまいます。

いつまでも自分自身の歯を保ち、食事や会話を楽しむにはどうすべきか――。重視していただきたいのは、きちんとした治療と予防の考え方。虫歯にかかって痛みが出てから歯科医院に行くのではなく、痛くなる前に歯科医院へ行き、治療をしなくて済む状態を維持することが大切です。

歯の寿命

人間の歯は全部で28本。親知らずも含めると32本あります(親知らずは4本生えないこともあります)。歯は上手にケアすれば一生涯使い続けることができますが、実際は歯を失うことなく一生を過ごせる方のほうが少ないのが現状です。

日本では現在、80歳を超えたときに残っている歯の本数が平均10本前後と言われています。つまり、80歳の時点で約3分の2は抜け落ちてしまう計算です。

しかし、予防のために定期的に歯科医院に通っている方の場合は、80歳になっても20本以上歯が残っている方が圧倒的に多いというデータもあります。歯の寿命を縮めるか延ばすかは、あなた自身の行動にかかっていると言えるでしょう。

予防が将来の歯を守る

口腔内の病気を予防するためにもっとも重要なのは、毎日のブラッシングです。しかし、毎日しっかりブラッシングをしている人でも、歯ブラシが届かない部分や歯と歯の間などにわずかな汚れが残ってしまいます。これが蓄積することで、虫歯や歯周病を引き起こす原因になるのです。

西小山駅ビルの歯科医院「ひたち歯科医院」では、毎日のブラッシングに加えて歯科医院での定期検診受診をおすすめしています。定期検診では、ブラッシングでは落としきれない汚れを除去したり、虫歯になりかけた歯を早期発見・早期治療したりすることができます。自宅での「ホームケア」と歯科医院での「オフィスケア」を組み合わせることが、一生涯にわたって健康な歯を保つためのポイントです。

歯科医院での治療や予防処置よりも大切なこと正しいホームケア方法とは?