お子さんの歯を守るのは親御さんの役割です

お子さんの口腔内をチェックしていて、「これは虫歯かな?」と思ったことはありませんか? また、お子さんから食事やおやつなどの際に「歯が痛い!」と訴えられたことがある方も、いらっしゃるかもしれません。乳歯や生え替わったばかりの永久歯は、虫歯菌が出す酸から歯を守る役割を持つ表面のエナメル質が薄く、弱いという特徴があります。そのため、子どもの歯は大人よりも虫歯になりやすいのです。

親御さんが「もしかしたら虫歯かも?」と気づいた時点では、すでに虫歯が進行してしまっているということも珍しくありません。お子さんの口腔内の健康を守るためには、親御さんが毎日しっかりチェックしてあげることが大切です。

子どもの虫歯はどこから来るの?

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には、実は虫歯菌が存在しません。ではなぜ虫歯になってしまうのでしょうか? それは、お母さんをはじめとしたご家族から虫歯菌が感染するから。大切なお子さんの歯をいつまでも健康に保つために、以下のようなポイントに気を付けましょう。

  • キスなどのスキンシップを極力控える
  • 親が使った箸やスプーンを子どもに使わせない

子どもの虫歯はどこから来るの?

健康な歯を維持できる

健康な歯を維持できる

早いうちから虫歯や歯周病を予防しておくことで、将来的に口腔内の病気にかかるリスクを減らすことができます。また、正しいケア方法を身に付けることで、成人後の口腔内環境もよくなります。

成長を利用した治療ができる

成長を利用した治療ができる

早い段階で矯正治療などを開始した場合、顎の発育を利用しながら治療できるため、短期間で効果的に治療することができます。

早いうちにトラブルを回避できる

早いうちにトラブルを回避できる

頬杖や指しゃぶり、口呼吸など、歯の発育に悪影響を及ぼすクセなどがあった場合でも、小児歯科で早めに改善することができます。

小児歯科メニュー

西小山駅ビルの歯科医院「ひたち歯科医院」では、以下の小児歯科メニューをご用意しています。ご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

ブラッシング指導
ブラッシング指導 正しいブラッシング方法は、お子さん一人ひとりの歯並びや口腔内の状態によって異なります。当院では、お子さんの口腔内の状態をもとに専門家の視点から正しいブラッシング方法を指導しています。
フッ素塗布
フッ素塗布 歯の表面に歯質を強化するはたらきをもったフッ素を塗布することで、虫歯を予防する処置です。フッ素塗布によって歯の再石灰化が促されるため、虫歯になりかけた歯が治ることもあります。
※当院ではフッ素塗布を無料で行っております。
シーラント
シーラント 生え変わったばかりの奥歯には深く複雑な溝があります。シーラントは、その奥歯の溝を歯科用の樹脂でふさいで食べカスなどの侵入を防ぐ処置です。